築16年目の産直みやざき杉の家、リフォーム工事でお客様、自画自讃

先日、みやざき杉の産地直送方式による家づくり方式で、2002年に杉並区西荻北に建築したお客様が、オーディオシステムを交換するので、電気の配線や、しっくい壁の補修工事などを行うためにお伺いしました。 ご主人が、1日休みを取ってくれて対応していただきました。 築16年目の住宅ですと、壁紙がめくれたり、汚れがひどくなっているお宅が多いのですが、玄関ドアを開けて、ビックリ…

続きを読む

その花粉症、住まいが影響しているのでは?

春先になると、花粉症で、ゆううつで、つらい思いをする人が多く、 今や、日本人の4人に1人は花粉症と言われています。 日本の森林面積に占める、スギ人工林は、約450万ヘクタールで全体の18%を占めています。 特に、スギ花粉症が、多くのニュース媒体で取り上げられるので、「杉の木」というと、花粉症と連動して、知らない人がいないくらい有名な杉の木です。 …

続きを読む

マンションは終の棲家になるのか!

*「終の棲家」とは…! 誰にとっても、自分自身の一生の幕を閉じるにふさわしい、あるいは、望む場所があるはずです。 そして、その多くは、やはり 「我が家」と言うことになるのではないでしょうか。 先日、テレビ画面の向こうから、年老いた老夫婦の山小屋のような住まいでの生活が映し出されていました。 畑を耕し、薪を割って火を燃やし、桶に汲んだ水を肩に担ぎ、曲がった腰をヨイショとの…

続きを読む

職人や下請けを泣かす、パワービルダー・ハウスメーカー?

自民党の時代は、政治家は自分他達の利権だけを考えていて、国民のための政治と言いながら、自分たちのことしか考えていないので、民主党になれば、少しは良くなるのかと思っていたら、もっとひどくなり、国民が自分の国まで信じられなくなるような政治をし、国民をだましても平気な政治家や、官僚、御用ヒモ付き学者に鉄槌を下したい、私です。 特に、「仕分け」と称し…

続きを読む

リフォーム工事をしてみたら、開けてビックリ、壁の中に、建築廃材がビッシリと詰まっていた。

築約12年程度の住宅の、リフォーム工事の依頼を受け、大工と共に、工事に取りかかり、間仕切り壁の石膏ボードを外してみたら、木造住宅の105ミリ角の柱の間に、現場で使用した石膏ボードをカットした建築廃材を床から、天井までの間に、ビッシリと詰め込まれていたのです。 これには、工事をしていた私どもの現場担当者をはじめ、大工までビックリです。 もちろん、工事初日なので、立ち会っていました、建築主の方も…

続きを読む

田舎に震災見舞いに行って母やみんなの顔を見て安心。

高速道路も、一般車両も通行が出来るようになり、昨日、朝早く出発して、母や、兄のいる実家(大崎市)に震災見舞いと父の墓参りに行ってきました。 行きのルートは、常磐道→東関東自動車道→東北道→古川です。 常磐道は、友部JCTまでは、高速道路の復旧個所は少なかったが、東関東自動車道や、東北自動車道は、地震の影響で段差が発生し、復旧工事をしたところが多く見られました。 高速道路から、広がり風景…

続きを読む

断熱材注文してから3ヶ月。そんな馬鹿な!これは国交省の無策政策によるものか?

2011年2月現在、住まいづくりに欠かせない断熱材が、注文してから約3ヶ月掛かると言われています。 特に、繊維系の断熱材、グラスウールやロックウールが品薄状態で、注文してから3ヶ月以上も掛かってしまうので、リフォームの現場や、新築の現場でも工事がストップしている現場があると言われています。 「どうして?」と理由を聞きますと、建材業者の担当者は、政府(国交省)が、景気回復策として、住宅のエコポ…

続きを読む

宮崎県の前、東国原知事、新、河野俊嗣知事より、挨拶状をいただきました。

宮崎県の宮崎空港1階のオアシス広場で、宮崎県が杉に生産日本一となり、杉材を、他県にPRする目的で、コンペがなされ、私共が設計した、実物大のオール宮崎杉(当時は、飫肥杉)の「宮崎杉の家」を造り、展示したのは、今から14年前の、1997年(平成9年)3月でした。 それから、宮崎県の山村・木材振興課の方達や、製材業の方達、林業の方達等々と、知り合うことが出来、いつの間にか、宮城県出身ですが、「宮崎県…

続きを読む

ローコストの坪単価表示住宅のカラクリについて。 その4

その4では、「坪単価」表示をいかに、安く、安価なように見せるかのテクニックとして、前回のその3では坪単価を計算するときの建築工事費(分子部分)を少なくするためのテクニックでしたが、今回は、面積側の分母を以下に大きくして、建築工事費÷延べ坪面積=坪単価を以下して、安く、安価に提示しているかをご紹介します。 手法3: 「坪単価の計算するときに、分母(計算延べ床面積)を、大きくしてて、坪単価を低く…

続きを読む

先日、知り合いの珪藻土メーカーから、発ガン物質の問題があるので、材料を切り替えますと…。

先日、知り合いの珪藻土メーカーの社長から連絡が有り、珪藻土を塗り壁材として、製品化するには、珪藻土の固化剤のことだけではなく、珪藻土を白い壁材にするには、高温で焼成する必要があり、そうすると、非結晶性シリカが結晶性シリカになり、WHO(世界保健機構)の傘下のIARC(国際ガン学会)の人に対して発がん性を示す、グループ1のアスベストと同等の建材に入り、そのような懸念のある建材を製造していくことは出…

続きを読む

ローコストの坪単価表示住宅のカラクリについて。 その3

前回は、住宅の新築工事の坪単価表示を低く見せるテクニックと言うより、いかに値引きというテクニックで、契約に早く持っていくかと言うことでしたが、その3では、「坪単価」をいかに、建築工事から除外して、安く、安価に提示するかをご紹介します。 手法2 住宅建築を何度か経験している、リッチな方は別として、多くの方は、初めてか、あるいは2度目でも最初は、建て売り住宅か、分譲住宅、あるいはマンションを「建…

続きを読む

ローコストの坪単価表示住宅のカラクリについて。 その2

一番簡単なことは、「値引き」というテクニックで、獲物のユーザーを釣ろうとします。 単に「値引きしますので契約して下さい。」では、ユーザーが契約に乗ってきませんので、様々な方法をとります。 「決算時期なので、会社の売り上げを一定額にしないとダメなので…」、「現在キャンペーン期間中なので、今月中に契約をしていただきました方には、…」、「この地域のモデルハウスとして…」、「今月成績が悪いので、契約…

続きを読む

ローコストの坪単価表示住宅のカラクリについて。その1

コストダウンというと、聞こえが良いが、住まいを求めるユーザーが、坪単価主義で判断し家づくりや住まいづくりのパートナーやメーカーを決定していることが多いように思われますが、そこで選ばれる側(建築側)のハウスメーカーや、フランチャイズシステムの建築業者は、ローコストの驚きの価格を提示してユーザーを引きつけます。 一方ユーザーも家づくりは人生で何度も体験することでは無く、さらに、日本の一般的なユ…

続きを読む

12月30日・毎年恒例の、2010「お餅つき大会 」 開きます。

今年も毎年恒例の新年を迎えるための、年越しイベント 毎年恒例の、2010「お餅つき大会 」 開きます。 今は、イベント会場でしか見かけなくなった、お餅つきですが、ひと昔前、年末に欠かせない風景でした。 もち米(自然派の米)をふかして、ついたり、丸めたりしてみんなでワイワイ年越しを楽し ませんか。 つきたての餅を、きな粉餅、あんこ餅、納豆餅、おろし餅などにして、フウフウ言いながらみ…

続きを読む

建築建材に使われている「化学物質ビスフェノールA」が、カナダで、有毒物質に指定。

以前から、環境ホルモンとして、私達人間も含めて、生殖機能に悪影響を及ぼすと疑いをされて来た、化学物質ビスフェノールA(BPA)を、カナダ保険省が、有毒物質として正式に指定しました。 (2010年10月16日(土)読売新聞・夕刊より) 特に、カナダは、2008年には、BPAを使用したほ乳瓶の販売と輸入を禁止していました。 私達の家づくりにおいても、身近なところにビスフェノールAを使用した建材…

続きを読む

ウレタン系断熱材が爆燃性とシアンガスが発生することを知っていますか。

環境共生住宅や、エコハウス、省エネ住宅、気密住宅、環境によい住宅などと、住宅の宣伝や広告のチラシなどでつくられたイメージで、住宅を選択している人たちが少なくありません。 日本のユーザーは、企業規模や、企業イメージ(広告会社が作り上げたイメージ)、ブランドで、バッグを買うような感覚で選択していませんでしょうか。 住宅に使用している建材などに、こだわって家づくりをしている人たちも多いのですが…

続きを読む

価格のトリックに、惑わされていませんか?

しばらく、ブログが止まっていまして申し訳ございませんでした。 今日、大手ハウスメーカーや、ローコスト住宅を展開しているハウスビルダーの協力業者との雑談で、こんな話が出てきています。 以前、大物アナウンサーがCMをしていたハウスビルバーですが、真偽のほどは定かですが、このハウスビルダーで建てたお客様の70パーセントが不満があり、家族が暗い顔をしていると言います。 又、途中解約の物件も…

続きを読む

住宅のキッチン・台所や暖炉設置リビングに国産材で内装可能に。

国産材や自然素材を使って、ナチュラルな住宅づくりをしてきて、キッチンや台所が火気使用室として、木材を使うことが出来なかったが、今年(2009年)から、条件を満たせば使用できることになったこと知っていましたか? それは、ログハウス等戸建て住宅の内装を木材で仕上げられるよう内装制限を緩和する「準不燃材料でした内装の仕上げに準ずる仕上げを定める告示」が2月27日に公布され、4月1日に2009年4…

続きを読む

長女がドイツから、一時帰国し、無垢ドアなどを、甦らせています。

長女は、日本の大学で建築科を卒業後、ドイツの、ミュンスターのハンスの木工房で修行し、ドイツでマイスターの下の資格、ゲゼレを取得し、その後、ミュンスター大学の建築科に在学していますが、大学を、変わるために、ドイツのアーヘンの大学とスイスの大学(ドイツ語圏)への編入試験を受け、どちらも合格し、どちらに行くか思案中のようですが、7月いっぱいまで、学費を稼ぐために、ドイツ、アウロ社の塗装をして、アルバイ…

続きを読む

「ヒノキチオール」は、『国産材の桧」には含まれているの?

「ヒノキチオール」と言うネーミングがついているのですから、『国産材の桧』には、含まれていて当然と、思いがちですが、残念ながら、実は効果があるほど含まれていないというのが現実です。 2008年12月2日の読売新聞のくらし家庭、住む欄に『国産材の家 癒し効果』という、国産材需要の喚起を促し記事が書かれており、国産材運動をしている一人として大変うれしかったのですが、「ヒノキにヒノキチオールの成分…

続きを読む

ドイツ・ミュンスター市から女性のティッシュラー(木工・家具職人)が研修に来ています。障子づくり。

ドイツ・ミュンスター市から、ドイツ女性のゲゼレ(職人・マイスター前段階)の資格を持ったインガさんが、日本の住宅のことや、木製建具、家具、エコロジーな家づくりについて勉強したいと言うことで、約2週間の短期間ですが、当事務所や職人さんのところに行って勉強しています。 特に、ドイツのティシュラー(木工・家具職人)と言うことで、障子戸を造ってみたいと言うことで、チャレンジしました。 私の義理の父…

続きを読む

1.なぜ、化学物質や農薬含有の建材を使用すると危険なのか?

先日、ある教会で一部内装工事をするので、建材等の選定について相談があり、教会こそ、老若男女や幼児までが安心して祈りにこれるような場所で、そのためには、使用する建材で室内の空気汚染がないようにしなければと神父さんにお話ししたところ、やはり、今までにお祈りに来た方で、建材の臭いが気になって来られないと帰られた方が数人いたとお話しがありました。 内装を検討していく上で、合議制で進めていくので、化学物…

続きを読む

産直住宅の山や木材工場を訪ねる『みやざき杉・現地見学ツアー」参加者募集!

宮崎産直住宅住宅推進協議会の今年度の研究会は、私どもの関東で開催いたしました。 この研究会は、各地で宮崎県産直住宅推進協議会の会員として活動している製材業者、プラカット業者、工務店のメンバーさらに、宮崎県山村・木材振興課担当者も、お客様が入居中の代表的な住宅物件を、また、工事中の物件も一日を掛けて見て歩きます。 まさに、木を知り、建築工事に精通したプロの目で見られ、評価を受けるのでドキドキも…

続きを読む

7月26日(土)バーベキュー大会します。 - 木太郎

地球温暖化の影響を受けてかどうか、今年も猛暑になりそうです。 毎年、行っています森のバーベキュー大会を今年も開催します。 今年は、スエーデンからのホームステイのマチルダやその友達、また、イエステの東大柏キャンパスの交換留学生も何人か参加します。また、ガーナ出身のジョージ親子、中央学園大学で妻の英会話教室の友達等も参加しますので、今年は国際色豊かで、いろいろな言語な飛び交うバーベキュー大会に…

続きを読む

価値ある住宅づくりとコスト優先の工事の違いは、見えないこんなところにも…

住宅づくりは、誰しも限られた予算の中で造るので、誰しも安く造りたいと願う気持ちは同じです。 特に最近では、内容のない『坪単価』表示に、ユーザーは惑わされ、安物買いの銭失いをしている声をよく聞きます。 特に、有名アナウンサーを起用して、宣伝しているマーカーなどは、職人の間ではトラブルが多く、訴訟が多いことが噂になっています。 私どもで手伝っていた大工も仕事が無くなって、生活のため、食べるため…

続きを読む

今度は、生コンの不正!、住宅でも、生コンの配合報告や強度試験をするのが当たり前です。

かなり前から社会全体が、自分だけが良ければという不調が蔓延しています。 これらの表れが顕著になったのは、銀行の不良債権処理から特に世の中、ルール無視もまかりと得るんだという事が子供はもちろん大人も、体制側に付けば、あるいは、強いもの側(金を持った側)、強いものを自分の味方に付けたものなどがまかり通ることになり、儲けることに何でもありの世界になってきているようです。 銀行の不良債権処理の時…

続きを読む

オール国産材で一見の価値有り。白石城。

毎月1回は必ず、父の墓参りの行くことに決めていてい、実行しています。 これは、私の悪友の悪友から、「今あるのは、先祖があるから、そして、お彼岸、お盆などの墓参りは当たり前。それも満足にしないようなら罰当たり、やはり、先祖、親があって、今があり、それに感謝できなかったら、ダメ。』と言われ、毎月、時間の空く日曜日に不定期に、大崎市まで行っています。 先月から、スエーデンから東京大学の交換留学…

続きを読む

なぜ、床暖房方式は、無垢フローリングの温水式・床暖房を薦めるのか?

床暖房方式には、一般的に、温水式床暖房方式と、電気式床暖房方式がありますが、よく質問を受けるのが、どちらを採用したら良いかという質問です。 どちらのメーカーも自分たちの欠点は全く言わず、長所のみアピールをするためユーザーはますます悩み、電話やネットを通じてよく質問されます。 私は、国産材の利用促進の運動や、健康やリサイクル、長寿命住宅のことなどを考慮して、無垢材のフローリングを主に使用してい…

続きを読む

不思議の木、青森ヒバのおが屑とペットのトイレ用砂との関係。

毎月、ペットの砂を製造している製造メーカーへ、毎月、1トンパックの袋で、青森ヒバのおが屑を納入しています。 この青森ヒバは、本州の最北端の青森県、特に下北半島に多く、不思議の木と言われるように多くの謎を秘めた樹種です。 日本三大美林の一つである青森ひばはヒノキ料アスナロ属の針葉樹で和名をヒノキアスナロといい、日本固有の樹種として、約80%が青森県内に蓄積されています。 この不思議の木、…

続きを読む

ユーザーよ!価値のある住宅を求めよ。価格やPRに惑わされるな!

住宅業界で、プロが集まると必ず、話題になる住宅メーカーがある。 TV等で、派手に宣伝費を掛けて、有名アナウンサーが渋い宣伝をしているようです。 素人のユーザーにとっては、良し悪しに関係なく、そのメーカーで建てた方も、これから建てる方も大変気になると思います。 大工職人の手間賃を、仕事がない職人たちの足元を見て、たたくだけたたいて、これでもかという賃金で働かせているようです。 そのため、大…

続きを読む