不思議の木、青森ヒバのおが屑とペットのトイレ用砂との関係。

毎月、ペットの砂を製造している製造メーカーへ、毎月、1トンパックの袋で、青森ヒバのおが屑を納入しています。
この青森ヒバは、本州の最北端の青森県、特に下北半島に多く、不思議の木と言われるように多くの謎を秘めた樹種です。
日本三大美林の一つである青森ひばはヒノキ料アスナロ属の針葉樹で和名をヒノキアスナロといい、日本固有の樹種として、約80%が青森県内に蓄積されています。

この不思議の木、青森ヒバは多くの効能を持っています。
まず、①防虫効果があります。 … シロアリ、ダニ、ゴキブリを寄せ付けないばかりか、これらは、現在わかっているだけです。シロアリに対する殺虫活性も認められています。東北地方の昔の古い人達の中には、いまだに、桧より青森ヒバで柱を普請することを自慢としていることが多いです。
特に、ひばで建てられた家には蚊やシロアリなどの害虫が近寄ってこないと言われています。

次に、②抗菌効果があります。 … カビや細菌を寄せつけません。 カビなどの多くの菌に対する抗菌性があることが判っています。この力は、青森ヒバ油に含まれるヒノキチオール等の成分によるもので、ひのきやすぎ等の樹木に比べて抜群の効果を発揮します。また、抗菌スペクトルが非常に広いこと、カビや腐朽菌に対して特に活性が高いこと、耐性菌の出現を許さないという特徴があります。
医療や医薬品にも利用され、アトピー性皮膚炎に対する治療薬としても期待されているようです。

③消臭・脱臭効果 … 青森ヒバ油の持っている抗菌性は、雑菌を繁殖させず雑菌からでる悪臭を防ぎます。
又、生活の中で発生する不快臭(アンモニア・アミン等)に対して、消臭作用のあることが確認されています。

④精神安定効果 … ラットを用いた試験から、ひば油の香りがストレスを和らげる作用のあることが実証されています。ヒバの香りが、ストレスを和らげると言うことで、浴室の内装材に最適です。特に、水に強く腐れにくいという特徴も持っています。

このような素晴らしい効能を、ペットの世界でも、桧のおが屑を特殊な素材で包んで、砂状にしているようですが、こような青森ヒバの砂を使ってくれるご主人様には、ペットたちも感謝、感謝です。

又、不思議の木と言われていることに関係するのですが、桧や杉は、人間が植林して育てていますが、青森ヒバは、自然の中で実生で、自然の闘いに勝ち残り、育った天然の木材だけなのです。

建築の木材や建材としても利用していますが、大変クセのある木材で、別名、『アテ』と言われるほど、反り、ねじれの発生する木材です。
これらの木のクセを読める大工さんたちは、国土交通省の伝統工法に重きを置かない政策と、ハウスメーカーはもちろん、ユーザーもコスト中心の新建材漬けの住宅づくりの中で、本当に少なくなってきていますので、和室の柱や、敷居、鴨居などの造作材で使用するときは、注意が必要です。
私の、家の6畳間の和室は、青森ヒバの間です。柱、鴨居、敷居、長押等全て青森ヒバです。

一般的に、安心して使える青森ヒバ建材は、青森ヒバのフローリングや内装板材です。
しっかりと、乾燥処理もしてあり、狂いもなく、青森ヒバのクセをあまり知らなくても使える建材です。

一般的に、ヒバを使うと言うときは、大半が米ヒバの輸入材であることが多いです。

内容のない、坪単価の家づくりをしていることは、価値のない家を造ることになり、自分も大きな損をしてしまいますが、日本の木の文化を支えている職人をも失っていき、伝えることもなくなり、日本の文化も失ってしまうことになっていきます。

ペットの砂から、家づくりや日本の文化になってしまいました。

青森ヒバのことは:http://www2u.biglobe.ne.jp/~woodhome/ken7.html

"不思議の木、青森ヒバのおが屑とペットのトイレ用砂との関係。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: