なぜ、床暖房方式は、無垢フローリングの温水式・床暖房を薦めるのか?

床暖房方式には、一般的に、温水式床暖房方式と、電気式床暖房方式がありますが、よく質問を受けるのが、どちらを採用したら良いかという質問です。
どちらのメーカーも自分たちの欠点は全く言わず、長所のみアピールをするためユーザーはますます悩み、電話やネットを通じてよく質問されます。
私は、国産材の利用促進の運動や、健康やリサイクル、長寿命住宅のことなどを考慮して、無垢材のフローリングを主に使用しているのでこれらの観点からの答えになります。

まず、暖め方ですが、温水式は、水と不凍液の混合された液体を、ボイラー(熱源は、都市ガス、灯油、電気式等)で温めて、暖まった温水を架橋ポリエチレンパイプや銅管に通して床材を暖めます。
電気式は、熱を発生するカーボンフォルムやヒーターフィルムのものを床材下に設置したり、既に、建材メーカーの工場にて床材と一体となって床材パネルに通電し暖めます。

床暖房の場合の、実際の床材の表面温度は、おおよそ約30度前後です。この温度を超えると、床暖コントローラーが働き、床材を暖めることをストップ(オフ)します。
このときに、温水式は、温水のためさめにくいのでゆっくりとさめていき、ある程度さめたところで、ボイラーがオンになりゆっくりと暖めて行きます。
つまり、床表面温度が、なめらかで、優しい温度変化を示します。

電気式床暖房は、温水のように、熱容量の大きい液体を媒体することなく直接温めるので、ON,OFFの繰り返しで、温度コントロールします。
つまり、床材そのものは、熱容量が小さいので、すぐに冷めやすいために、ONになると、一気に高くなります。
つまり、すぐに熱くなり、すぐに冷めやすいことになります。
又、熱容量が無い分、少し温度を高めに設定しているようです。
そのため、長時間、電気式床暖房の方が、低温ヤケドが起きやすいと言われているのです。
つまり、温度差がON、OFFの繰り返しが交互に感じるので、快適さは温水式の床暖より快適でないのがこれらのことからです。

又、電気式は、電磁波の健康問題があります。
電気式を採用しているメーカーは、もちろん、電磁波の影響は無いといっていますが、人間は、精密な電気仕掛けで動いています。
心電図や病院での検査の時には、電極を体に貼り付けるのは、電気を人間自身が発生しているのです。
そこに、磁場が、長時間作用して悪影響が本当に出ないのでしょうか?

さらに、電気式をリフォームで採用すると、電気の契約アンペアーをアップすることも必要です。戸建て住宅の場合は、一軒単位で引き込んでいるので、アンペアのアップは簡単にできるのですが、マンションの場合は、1世帯当たりの最大電気容量が決まっていることが多いので、リフォームの営業マンは、契約取得だけに専念して、工事施工後電気容量が足りなくて、全てのマットが使えないなんて無いよう注意が必要です。
電気容量をアップすると、使わないシーズンも、電気の基本料金が10A毎にアップした料金を支払っていかなければなりません。

しかし、電気式のメリットは、イニシャルコストが安いと言うことが最大のメリットですが、電気代も馬鹿になりません。
建て売りやマンションなどで、床暖房付という宣伝で、電気式床暖房を取り付けてある住宅を購入した方で、実際に使用してみたら電気代が高くて、使っていないという方もいるようです。

温水式床暖房のイニシャルコストは、電気式のようにヒーター用フィルムだけというわけにはいかないので、高く付きます。

床暖房の床材に、なぜ、無垢の床暖房用フローリングにこだわるかというと、一般に使用されている合板フローリング(正式には、複合フローリング)は、何層にも薄い板を張り付けるので大量の接着剤を使用しています。その上、フローリングの基板部分の合板部分に日本農林規格で防虫処理を義務づけられています。
この防虫処理剤は、有機リン系の農薬が使用され、有機リン系の農薬はサリン事件で使用されたサリンと同じような薬剤です。

これらの合板フローリングを床暖で使用した場合、ホルムキャッチャー材等が使用されている接着剤の中には混入していますが、電気式、温水式も下から暖めるので、ホルムアルデヒドはもちろん、有機リン系の薬剤も室内に放散されるのではないでしょうか?

有機リン系の薬剤は、私たちの免疫力を低下させます。
特に、床暖房は、他の暖房方法と比べ、立ち上がり時間がかかるため、初期温度を高くする方式を採用しているところが多いようです。

大手ガスメーカーも、立ち上がりを早くするため、パワフルスタートと称して、80℃の温水を約30分流しているようです。
立ち上がり後は、60度の温水を流しています。
これらのことから、床フローリングは出来るだけ無垢のフローリングにこだわっています。特に、国産で、山村を活性化することにも貢献し、使用するユーザーの健康も害さないものに限ります。

無垢フローリングならどのような樹種でも大丈夫かというと、限られます。
私の経験から、温度収縮の少ない栗フローリング、乾燥と塗装処理をした桧無垢フローリングが国産では使用しています。又、輸入材の無垢フローリングでは、チークフローリングです。
これらは、全て、床暖房用として乾燥処理がされているものを使用することです。

無垢の床暖房用フローリング使用することで最も大事なことは、立ち上がりの時の温水を、60℃に床暖房の試運転時にガス会社の担当者や床暖設置業者に言って、60℃以上の温水を流さないようにすることです。
立ち上がりは遅くなりますが、タイマー等の設定で使用に問題はありません。

又、無垢材を使用するときには、施工方法も大事です。さらには、ユーザーも少しの隙がでても、これらを自然素材でしょうがないという我慢してもあまりある快適さが得られます。

やはり、床暖房は、温水式で、国産材の床暖房用無垢フローリングをお勧めいたします。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~woodhome/ken43.html

森の木太郎より。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

プラダ メンズ
Excerpt: なぜ、床暖房方式は、無垢フローリングの温水式・床暖房を薦めるのか? どうなってるの?/ウェブリブログ
Weblog: プラダ メンズ
Tracked: 2013-07-09 00:51

エアマックス 95
Excerpt: なぜ、床暖房方式は、無垢フローリングの温水式・床暖房を薦めるのか? どうなってるの?/ウェブリブログ
Weblog: エアマックス 95
Tracked: 2013-07-09 12:20