どうなってるの?

アクセスカウンタ

zoom RSS 先日、知り合いの珪藻土メーカーから、発ガン物質の問題があるので、材料を切り替えますと…。

<<   作成日時 : 2011/02/01 12:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 3 / コメント 2

先日、知り合いの珪藻土メーカーの社長から連絡が有り、珪藻土を塗り壁材として、製品化するには、珪藻土の固化剤のことだけではなく、珪藻土を白い壁材にするには、高温で焼成する必要があり、そうすると、非結晶性シリカが結晶性シリカになり、WHO(世界保健機構)の傘下のIARC(国際ガン学会)の人に対して発がん性を示す、グループ1のアスベストと同等の建材に入り、そのような懸念のある建材を製造していくことは出来ないので、材料を替えた、左官塗り壁材に切り替えていきますと言うことを説明を受けました。
特に、基本の白い壁材は、高温で焼成しなければ白くならないので、結晶化していることが大半のようです。
壁材は、ホワイトを基本にしたものが多いのも確かです。

上記のような懸念があるので、ヨーロッパやアメリカでは、疑わしいは使用しないというスタンスですので、社長の話では使っていないと言うことです。
確かに、子供がドイツやスイスにいる関係で、話を聞いたり、見たりした範囲では無いようですね。
日本の場合は、日本の政府(霞ヶ関)は、水俣病やHIV、アスベスト等と、企業や業界団体との癒着、天下りと、自分たちの保身や甘い汁のことしか、考えていないため、被害者が多く発生するまで使い続けてきたのが歴史が証明しています。
ユーザーはもちろん、多くの設計者、ハウスメーカー、建築業者、工務店、業界紙、住宅雑誌等々と、呼吸する建材、健康建材として、選択し、使用を勧めてきています。
そこには、霞ヶ関と業界団体はすでに、団体を造り天下りとして、迎入れているかもしれませんね。
自分たちの利益のためには、薬害などのように、担当官庁と製薬会社が結託していると言うこともある国ですから、信用できませんね。

そんな中で、珪藻土を使わないことにしたという、左官壁製造メーカーの社長の勇気ある英断をし、電話をしてきてくれたことに、自らから勇気ある行動をされたことに感激を致しました。

すでに、ゼオライトと炭に変更した、塗り壁材を開発して商品化しております。
機能も、消臭、調湿、空気浄化が確認されており、固化剤も無機固化剤が使用されているので、化学物質ゼロで安心です。

珪藻土は、以前から、労働安全衛生法からは、アスベストと同じように、じん肺の問題が指摘されており、粉体での流通は、左官職人に対しての健康問題が有り、また、珪藻土を固める固化剤については、セメント系、樹脂系、しっくい系、無機固化剤系、粘土などといろいろなものり、特にセメント系固化剤は、もともと、珪藻土の塗り厚が、2〜3ミリ程度なので、セメントはアルカリ系なので、経年とともに、中性化が進んで行きます。
中性化が進んだ場合、固化力が無くなってくると、部屋の空気中に珪藻土の粉体がホコリとして舞い、生活者の肺に入ることも懸念されておりました。

いまだに、珪藻土の塗り壁材の営業手法としては、サンプルに、霧吹きで水を掛け、調湿能力を説き、バーナーで、火を掛け、断熱性と耐火性を自慢し、そして、珪藻土の含有割合を説明して、いかに健康な建材なのかを説明しますが、これからは、どの程度の温度で焼成して、材料には何パーセントの割合で含有しているのかなど、ホワイト系の結晶化シリカのことも説明が必要になると思います。

日本は、地震の被害も多い国ですが、被災地に行って驚くのは、学校の校庭や市のグラウンドにうずたかく積まれた、家の解体材の山です。
日本特有のビニールクロス建材が多いのは変化がないのでしょうが、珪藻土の建材も多くなると、アスベストのように大気中への飛散も問題になる火が来るかもしれません。

やはり、建材の選択は、難しいですね。
設計者や施工者はもちろん、ユーザーも、選択の自己責任があるのですから、しっかりと勉強し、いろいろな角度から見て検討し、メリット、デメリットを納得の上で、使っていく必要があります。

参考、「本当に珪藻土は安全なのか」http://www2u.biglobe.ne.jp/~woodhome/qa53.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
????????
?????????????2200????11?????????????????????????????? ...続きを見る
????????????
2011/02/23 12:45
珪藻土は危ない・・?
最近「珪藻土は危ない。外国ではヨーロッパ、アメリカをはじめ使用を制限している。日本ではアスベストの例のように既得権益の保護・圧力のため数年遅れて大きな災いを残す可能性がある。」という話をききまた。ネッ ...続きを見る
(株)キョーリン
2013/06/11 14:09
プラダ アウトレット
先日、知り合いの珪藻土メーカーから、発ガン物質の問題があるので、材料を切り替えますと…。 どうなってるの?/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ アウトレット
2013/07/06 06:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
http://www.nsk-web.org/index.shtml

ここのサイトの「安全な珪藻土」で解決すると思います。
不確かな情報を、理解してない人が、さもそれらしく一方的に書くのはどうなのでしょうか?
アメリカであれ、ドイツであれ欧米では珪藻土は流通していますし。珪藻土メーカーも存在しています。
通行人
2011/03/08 15:42
リンク先の文末。

「このようなことを言うと、すぐに国で検査機関をつくるべきだと発言する人がいますが、天下り先を増やし、国民を守ろうとしない役人を私達の税金で養う外郭団体か独立行政法人が増えるだけであまりよいシステムが出来上がるとは考えられません。
まして、自己責任を負わない私達日本人は、自分達の努力を惜しんで、結果責任を他に求め、すぐに税金での助けをこうだけのような気がしてなりません。

選択するのは、自分です。」


要は、なんとなくダメだから絶対ダメで、
国の検査よりも自分の気分の方が正しいということですね。

筆者のようには、自分に絶対の自信を持てない私はどうしたらいいのでしょう?
迷い人
2013/07/01 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
先日、知り合いの珪藻土メーカーから、発ガン物質の問題があるので、材料を切り替えますと…。 どうなってるの?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる